トップページに戻る 国境なきランナーズ(Runners Without Borders)
お問い合わせはこちらから サイトマップ English Page
レース情報 レースQ&A メールマガジン 活動報告
サイドメニュー:ネーチャーマラソンとは?サイドメニュー:レース一覧
レース情報:サハラマラソン
sahara

MARATHON DES SABLES
世界最大の砂漠を自給自足で7日間走る!
第31回サハラマラソン2016(モロッコ)
2016年4月8日〜18日開催!

 

31回大会(2016年)は終了しました。

第28回サハラマラソン第28回サハラマラソン

“世界で最も過酷なマラソン”と言われる「第31回サハラマラソン」が、2016年4月8日(金)から4月18日(月)の日程【パリ集合・解散】で、北アフリカ・モロッコ南部のサハラ砂漠で開催されます。

主催はフランスのAtlantide Organisation Internationale(以下、AOI)で、世界各国から1300名の挑戦者を募集します。

AOIは、サハラマラソンのエントリーや大会運営について、フランス語と英語を使用します。株式会社フリーマン海外レース支援室「国境なきランナーズ©」(以下、国境なきランナーズ)は、AOIとの契約に基づき、サハラマラソン日本事務局として、サポートします。

第30回サハラマラソンレギュレーション第31回サハラマラソン2016 レギュレーション

第31回サハラマラソン(2016年開催)の参加者 祖父江貴氏によるレポートを御覧ください。ページ下部のリンクからご参照下さい。

お問い合わせ先
PR会社(株)フリーマン 海外レース支援室「国境なきランナーズ©」
TEL:03-5280-1352(平日9:30〜18:00)
FAX:03-5280-1357(24時間受付)
E-Mail : runners@runners-wb.org
URL : http://www.runners-wb.org/
お問い合わせは、メールでお願い致します。
メールでの問い合わせの際は、件名に【第31回サハラマラソン2016】と入力いただき、ご自身の名前(フルネーム)を明記ください。
頂いた質問に対しては、原則として3営業日以内に返答致します。
※ 質問内容によっては、AOIからの回答が必要なものもあります。その場合は、返答に時間がかかる事がありますので、ご了承ください。
実施要項
大会名 MARATHON DES SABLES
サハラマラソン
大会紹介 「サハラマラソン」は、衣・食・住に関わる全ての物資を、ランナー自らが準備し、それらを背負って7日間で合計約230〜250kmを走る(歩く)レースです。(ただしレース中に必要な水は、AOIから支給されます)
コースの地形は砂丘、干上がった川や湖、石がゴロゴロした丘など変化に富んでいます。なんといっても最大の山場は、大砂丘超えです。参加者はロードブック(コースマップ)とコンパスを頼りにゴールを目指します。コースは初出場者でも不利にならないよう毎年変更され、ロードブックはレーススタート前日に渡されます。
荷物の重さは個人差がありますが、おおよそ6〜13kgです(トップランナーほど軽い傾向にあります)。
大会開催時の現地平均気温は35〜40℃で、日中は50℃を超えることもあります。一方で、明け方には18℃位まで下がります。こうした過酷な環境にもかかわらず、毎年80%を越える参加者が完走(完歩)しています。
大会期日 < 旅程 (予定案) >
日本からの参加者は、モロッコまでの直行便がない為【パリ集合・解散】です。
フランス・パリまでの渡航は個人手配となります。

2016年4月6日(金)〜4月19日(月)
サハラマラソンで使用される言語はフランス語と英語です
4月6日(水)
パリ集合 パリ市内のホテル2泊 【別途支払い】
4月8日(金)
パリからモロッコへ移動
※AOI手配のチャーター便、バスでビバーク(スタート)地点へ
【エントリーの際、申込必須】
4月9日(土)
メディカルチェック、テクニカルチェックを受ける
4月10日(日)〜16日(土)
自給自足によるレース(6ステージ7日間)
4月17日(日)
自由行動
4月18日(月)
モロッコからパリへ戻る
※AOI手配のチャーター便【エントリーの際、申込必須】
パリ泊【別途支払い】※4月6日、7日のホテルと同じ
4月19日(火)
パリにて解散
開催地 北アフリカ・モロッコ(サハラ砂漠の入り口部分)
エントリー
締切

2015年9月30日(水)
ただし、定員に達し次第、締め切ります。
※ 早めのエントリーをお勧めします。

エントリーについては、公式ウェブサイトから直接申し込んでください(エントリーに関しては、AOIと参加者の直接契約になります)。参加希望者は、自身でオンラインエントリーと参加費の海外送金を完了させる必要があります。

  1. サハラマラソン公式ウェブサイト
    http://www.darbaroud.com/(フランス語・英語のみ)の【Registration】ページにて必要事項を入力する
  2. 1回目の支払いを済ませる(海外送金)が必要となります。

日本事務局では、オンラインエントリーの方法を解説した、日本語の手引書を用意しております。ご希望の方は、メール(件名:第31回サハラマラソン2016日本語の手引書希望)にて

  • お名前(漢字・フリガナ・ローマ字それぞれのフルネーム)
  • 郵便番号
  • 性別
  • 年齢
  • 電話番号(携帯など連絡がつきやすい電話番号)

を明記の上、国境なきランナーズ(runners@runners-wb.org)宛にお知らせ下さい。

出場資格 次の条件を満たしている者
1. 16歳以上。ただし、18歳未満は、両親か保護者の同意書が必要
2. 大会本部が適正と認められる健康診断書および心電図を提出できる者
選手募集人数 全世界から1300名
出場費用 ■個人エントリー 3450ユーロ
2950ユーロ+500ユーロ(パリ⇔モロッコ往復チャーター便代)
※パリまでの渡航費、パリでの宿泊費は含まれていません
■チームエントリー(3人以上でチーム結成)1人あたり3550ユーロ
3050ユーロ+500ユーロ(パリ⇔モロッコ往復チャーター便代)
※パリまでの渡航費、パリでの宿泊費は含まれていません
大会本部が
指定する
持ち物
レース中の食糧(1日最低2000キロカロリー分)、コンパス、シグナル用の鏡、警告用の笛、寝袋とアルミ製のサバイバルシート、毒抽出用のスネークポンプ、消毒剤ほか
規定走行
時間
各ステージは制限時間が設けられており、42kmのマラソンステージは12時間、約80kmのステージは34時間内(予定)でゴールしなければならない。
ランキング カテゴリーA...〔個人〕
毎日のレース順位は、走った時間と、ペナルティーがある場合はそれを加えて算出される。最終総合順位は、各ステージのタイムを累算して決定される。
カテゴリーB...〔チーム〕
3人以上でチームとして登録できます。チームメンバー各自の個人タイムとペナルティがある場合はそれが加算され、チームの平均タイムによって順位が決まります。
※チームとしての記録を残す為には、チームメンバーのうち3人以上が完走(完歩)しなければなりませんので、チームエントリーご希望の方は、4人以上で登録することをお勧めします。
規定走行
時間
各ステージは遅くとも12時間以内に走り(歩き)切らねばならない。
一部で夜にかかる約80kmのノンストップレースは、34時間以内に走り(歩き)切らねばならない。
宿泊 レース中は、大会本部が準備するテントにてキャンプ
レース後は、ワルザザート市内にてホテル宿泊(2泊)


名前 Atlantide Organisation Internationale
アトランティッド オーガニザシヨン アンテルナショナル
FRANCE
住所 BP98 TROYES Cedex 10003 FRANCE
TEL (+33)3 25 76 57 77
FAX (+33)3 25 76 87 75
URL http://www.darbaroud.com




名前 PR会社(株)フリーマン 海外レース支援室「国境なきランナーズ©」
住所 101-0051 東京都千代田区神田神保町1-22 NTビル2F
TEL 03-5280-1352
FAX 03-5280-1357
e-mail runners@runners-wb.org
URL http://www.runners-wb.org/
日本からの過去出場者
マルコ・ニオイ氏によるレポート (2000年第15回)
片山義規氏によるレポート (2001年第16回)
片山義規氏によるレポート (2002年第17回)
田中友佳子さんによるレポート (2002年第17回)
大貫高輝氏によるレポート (2003年第18回)
藤浪千景さんによるレポート (2004年第19回)
多田慎一氏によるレポート (2004年第19回)
隅田哲雄氏によるレポート (2005年第20回)
隅田哲雄氏によるレポート (2006年第21回)
井上真悟氏によるレポート (2006年第21回)
宍戸生司氏によるレポート (2006年第21回)
樺澤秀近氏によるレポート (2007年第22回)
坂口靖明氏によるレポート (2007年第22回)
宍戸生司氏によるレポート (2007年第22回)
三宅克実氏によるレポート (2008年第23回)
赤坂剛史氏によるレポート (2008年第23回)
山口洋平氏によるレポート (2009年第24回)
飯田徳子さんによるレポート (2009年第24回)
四方田涼子さんによるレポート (2010年第25回)
近藤大樹氏によるレポート (2010年第25回)
小野田緑さんによるレポート (2011年第26回)
漆原映彦氏によるレポート (2011年第26回)
飯野航氏によるレポート (2012年第27回)
杉村晋吾氏によるレポート (2013年第28回)
橋本久氏によるレポート (2014年第29回)
牟田口玲奈さんによるレポート (2015年第30回)
平井清隆氏によるレポート (2015年第30回)
祖父江貴氏によるレポート (2016年第31回)
過去の
レース
レポート
第16回サハラマラソン
第17回サハラマラソン
第18回サハラマラソン
第19回サハラマラソン
第20回サハラマラソン
第21回サハラマラソン
第22回サハラマラソン
第23回サハラマラソン
第24回サハラマラソン
第25回サハラマラソン
第26回サハラマラソン
第27回サハラマラソン
第28回サハラマラソン
第29回サハラマラソン
第30回サハラマラソン

2015年 第30回サハラマラソンレース結果

"世界で最も過酷なマラソン"といわれる「サハラマラソン」が、2015年4月3日(金)から4月13日(月)の日程(パリ集合・解散)で、北アフリカ・モロッコ南部のサハラ砂漠にて開催されました。主催はフランスのAtlantide Organisation Internationale(以下、AOI)です。
2015年の第30回大会では記念大会と言うこともあり世界各国より過去最多の1358名(209名の女性を含む)がエントリーいたしました。日本からは男性28名、女性6名が参加。
全体の完走者は1237名、途中棄権は92名(完走率93%)、日本からの出場者は完走32名(男女各1名が途中リタイア)、完走率94%でした。

30回大会の総合優勝は、ELMORABITY Rachid選手(33歳、モロッコ)が20時間21分39秒(アベレージ11.69km/h)で優勝をし、第29回大会に続き見事連覇を飾りました。女子は総合31位のBARNES Elisabet選手(38歳、スウェーデン)がトップで、タイムは26時間42分13秒(アベレージ8.91km/h)でした。

日本人のトップは杉村晋吾選手(39歳)で、総合58位(30時間14分59秒、アベレージ7.87km/h)、女性は牟田口玲奈選手が女子81位(51時間56分52秒、アベレージ4.58km/h)でした。

また今回の日本から出場したランナーに、現地の子供たちの為に文房具の寄付をお願いしたところ、多くの方が日本から鉛筆や消しゴムなどをご持参いただきました。

サハラマラソンは、今年30回の節目を迎え新たな盛り上がりを予感させました。
サハラ砂漠はこれからも世界中の挑戦者を待っています。

レース一覧に戻る